top of page

「片麻痺って治るの?」⑨ 〜「移乗」ってDOする?〜



回復期リハビリテーション病院で

リハビリを受けているDさん(51歳、男性)は、

以前「起きるのDOする?」で紹介しました。


彼のリハビリは順調で、

寝返りや起き上がりはもう自分でできます。

しかし、

看護師が彼が起き上がるとすぐに駆けつけます。

なぜ?

Dさんのベッドにはセンサーが設置されており、

彼が動くと

看護師がすぐに駆けつけられるようになっています。

起き上がる能力はあるのに、

なぜ看護師の助けが必要なのでしょうか?

実は、

Dさんまだ安全にベッドから車椅子への移乗ができません。

左半身に高次脳機能障害が残っており、

左側の車椅子に気づきにくいのです。

これを克服するためには、

時間をかけた地道なリハビリが必要です。

理学療法士は左足の位置や使い方、

作業療法士は車椅子の位置や左手の位置を丁寧に指導します。

Dさんはもともと記憶力が良いですが、

覚えるのに苦労しています。

繰り返しの指導にイライラすることもありますが、

根気強く練習を続けています。

Dさんは左足で体重を支えることがまだできません。

なんとか左足を持ち上げる程度の動作が可能です。

理学療法士は、

Dさんに合う移乗方法をいくつか検討します。

1. 右足だけで体を支えて移乗する。

2. 左足に少し体重をかけて移乗する。

3. 交互に足を動かして移乗する。

4. 左足を中心に体を支えて移乗する。

Dさんには2番目の方法が適しています。

以下が理由です。


1番は、

麻痺した足が動かせず、

発症後時間が経過した場合に適しています。


2番は、

発症後まだ時間が経っておらず、

これから力をつけたい場合に適しています。


3番は、

麻痺した足をある程度動かせて、

体重も支えられる場合に適しています。


4番は、

麻痺が軽く、

麻痺した足で十分に体重を支えられる場合に適しています。


これらは一般的な麻痺の状態に応じて選ばれる方法です。

Dさんは、左足で体重を支える力をつけながら、

同時に他のスキルも獲得して自立を目指します。

上手に移乗するためには、

足の位置を見ること、

麻痺した足に体重をかけること、

麻痺した足で支えること、

バランスを保ちながら体を回転させること、

座る場所を認識すること、

ゆっくりと座ることが必要です。


左側の感覚がまだ戻っていないDさんにとって、

これらは大きな挑戦です。

しかし、

麻痺した足に体重をかけることは、

歩行のために非常に重要です。

自力で歩くためには、

移乗をマスターすることが欠かせません。


Dさんは毎日リハビリを重ね、

移乗動作を自立して行えるよう努力し、

歩行を目指しています。


次回は発症後の様々な時期に適した移乗方法を紹介します。

最後までお読みいただきありがとうございます。

この記事では、脳卒中患者やその家族に向けて、

リハビリテーションの方法や効果をわかりやすく紹介しています。


コメント


bottom of page